デヴィ夫人「大好きだけど年収200万男」より「嫌いな年収1億男」の方が幸せになれる

ダウンロード (7)

1: 2019/07/09(火) 11:26:31.52 ID:7m8Xsdt00

デヴィ夫人『年収200万円』男性との結婚は「愛が消える」発言に賛否

タレントのデヴィ夫人が3月17日のイベントで、自身の著書『選ばれる女におなりなさい』を
PRした。2月に発売された同書は、7万部を突破して重版も決まるなど、ヒット作となっている。

デヴィ夫人はそのイベント中、「大好きな年収200万円の男性と、好きでもない
年収1億円の男性なら、どちらと結婚すべきか」という質問に対し、
「もちろん、年収1億円の男性」と即答した。続けて「愛があれば十分というのは、江戸や
明治時代の物資の豊富じゃない時代はいい。この時代では年収200万円の人と結婚したら、
『あの人はこんないいものを持っている』となって、尊敬や愛が消える」とも発言。
「かい性がある男性は尊敬、信頼できる。愛が生まれてくる。結婚は永久の就職ですから」と、
自身の価値観を披露した。

これらの発言に、ネット上では賛否両論が飛び交っている。

《何も間違ったことは言ってない》
《男が収入200万円でも暮らしていける。女が稼げばいい。そんな家は今時、普通にある》
《言われなくてもほとんどの女は分かってるだろ》

https://www.excite.co.jp/news/article/Myjitsu_078425/


続きを読む